CUSTOM HOMESTAR

----家庭用星空投影機「ホームスター」に色々してみる。----

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイスター

今日(昨日?)は大人の科学の発売日です。
予約はしていませんので少々心許ないですけど、、、発行部数もありますので
帰りにでも本屋に寄って買っていこうと思っています。

そんな連休明けの寝惚けた所にこんな記事がある事を知りました。


-------------四畳半に広がる星空 家庭用プラネタリウムが人気-------------
四畳半に広がる満天の星。
自宅の天井に星空を投影する家庭用プラネタリウムが人気を集めている。
一万個の星を観賞できる高性能の機種も登場。
スペースシャトル打ち上げ再開による宇宙への関心の高まりや手軽に
「癒やし空間」をつくることができるのが評判の背景にあるようだ。
ブームの火付け役は、玩具メーカーのセガトイズが八月に発売した「ホームスター」。
業務用と同じレンズ式の投影方法を家庭用で初めて採用し、星の像を鮮明に
映すことに成功した。
四畳半程度のスペースがあれば、大型プラネタリウム並みの六・五等級までの
恒星約一万個を天井や壁に投影できる。
本物志向の商品にしては約二万円という手ごろな価格とあって、販売店には
発売前から予約が殺到し、現在も品薄状態。
セガトイズは、初年度の販売目標を一万台から二万台に引き上げた。
この人気に高輪プリンスホテル(東京)など、客室でホームスターが楽しめる
宿泊プランを打ち出すホテルも出始めた。
老舗の光学機器メーカー、ビクセン(埼玉県所沢市、新妻貞二社長)の
プラネタリウムは、天井だけでなく足元まで映し出せるのが売り。
「七月以降は例年の一・五倍の月約五百台を販売する好調ぶりで、増産に
踏み切った」とほくほく顔だ。
                      (産経新聞) - 9月26日2時36分更新
--------------------------------------------------------------------


品薄のホームスターも最近になってやっとメーカーからの供給量が増えて
買い易くなるかと思っていたのですがまた購入希望者数が増えて買い難く
なったりするんでしょうか;;;;
スポンサーサイト
  1. 2005/09/26(月) 11:39:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<買いました。 | ホーム | 大人の科学マガジン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chschs.blog20.fc2.com/tb.php/26-ecdd0c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。