CUSTOM HOMESTAR

----家庭用星空投影機「ホームスター」に色々してみる。----

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

角度【固定】ツマミ

掲示板での情報で、どうやら角度調整ツマミが折れ易いらしい。
私の場合、取説もざっとしか目を通さなかったので本体の丸い部分動かして
ツマミ自体は触ってませんでしたよw

どうやらツマミは角度を決めたら締め込んで角度を“固定”する時に使う用途だそうな。
でも取説の挿絵といい足との位置関係がまるで
「このツマミで本体傾けるんですよ~」
と言わんばかりな主張が感じられますね。

まだ幸いにして折れてませんが注意したいと思います。。。 [角度【固定】ツマミ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/08/24(水) 14:57:02|
  2. 改修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原因と対策

今回の不具合症状は恒星原板の回転が時折止まるというもの。
まずは不具合品チェックといきましょう。

不具合品の状態
1.恒星原板はプラスチック板で挟まれており、若干ながら成型時のバリが残っている。
2.テンション側プーリーの回転に引っ掛かりがある。
3.テンション側プーリーのアーム部のガタが大きい。
4.原板裏側にトレイと擦れた後がある。
ざっと見た限りではこんな感じです。

1.は#800程度の紙やすりでバリを落としつつ、全周に渡ってつや消しになる程度まで
やすり掛けをしました。
コレをやると原板駆動用のプーリーに付いているゴムとの摩擦力が増します。
2.は分解してみると結構バリがあるのでやすり掛け。
3.と4.の対策を色々考えてみましたが、3.のガタ取りが厄介そう。
トレイ無しで原板で回す限り順調に回るので今回はトレイを細工する事に決定。
要はプーリーで挟んでいる原板にトレイが触れなければ良さそうなので、原板が乗っている
円筒部分を2mmぐらいを削り落としてみました。

下がトレイの写真。中央の白くなっている所が削った場所です。
014


そして削る前と削った後の原板とのスキマ。
(ほんの少しだけどトレイから原板が浮いている)
012

013



結果、原板の回転については全く問題なくなりました。
但し、、、、1.の対策するだけで殆どの場合症状が出なく(または出づらく)なると思いますw
それにトレイに乗った状態で回るのであればソチラの方が安定して星空を投影出来ると
思います。
それかテンション側プーリーを少し下から持ち上げる様にプラ板とか貼ってもいいですね。
(4.にある原板の擦れた後は投影で映り込む事はありませんのでご安心を。)
  1. 2005/08/16(火) 23:25:35|
  2. 改修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日周運動トラブル

分解したものをまた組み立てて暇さえあれば星空を眺めてますv

だいぶ店頭在庫や通販でホームスターを手にした方々からの情報も
聞こえてきましたが、初回ロットに付きものの(?!)不具合が見つかってきてます;

それは
「日週運動がスムーズでは無い」
というもの。。。

これは残念です。
ホームスターのウリ(だと思う部分)である日周運動=恒星原板の回転が
スムーズでないとは;
※私のホームスターもたまに回転が止まっていました。

とりあえず製造元のセガトイズさんでは丸々新品と交換してくれるという話
みたいなので
心配な人は一度電話して確認してみるといいかも。
(不具合があっても対応がいいと安心できますねv)

さて、私の場合は既に分解してしまっている為メーカーサポートは望めません。
それを覚悟の上で分解していますのでメカ的な部分であれば自力で調整
してみましょう。
  1. 2005/08/16(火) 22:54:36|
  2. 改修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。